■■■早稲田大学なべの会OB会員 近況報告■■■



■■■14回生 野澤康修さん■■■ 2018年7月16日(月/祝)



14回生の野澤です。
三連休最終日の7月16日(月)千葉県佐倉カントリークラブにて、早稲田大学なべの会OB会ゴルフコンペを開催しました。
当日は猛暑の中、熱中症にならないよう気を付けながらのプレイでしたが、全員なんとか無事に完走いたしました。
その後、近くのスナックで二次会を行い、再会を楽しみました。なべOB会の先輩方の元気さと愛校精神の強さに深く感銘を受けた一日でした。
■組み合わせ(敬称略/カッコ内は回生)

■第1組
澤谷 英男(1)
松崎 毅(14)
竹田 彰(15)
野澤 康修(14)

■第2組
松平 武史(1)
四條 茂樹(9)
奥田 健史(15)

■第3組
三根 健一(1)
森山 泰充(6)
田川 正之(15)

■第4組
柴田 信(4)
吉村隆一 (9)
木村 孝二(10)
松平 誠子様(松平副会長の奥様)


■■■6回生 森山泰充さん■■■ 2018年7月5日(木)

6回生の森山です。

早稲田大学なべの会OB会副会長の松平武史さん(1回生)が平成30年7月1日付で早稲田大学の評議員に就任されました。
評議員会は理事会に次ぐ組織で、大学の重要事項の議決機関であり、理事会に対するチェック機構でもあります。評議員会は学内、学外からの推薦と商議員互選の合計88~90名で構成されます。今年3月、商議員互選(全国で22名)による選挙が行われ、松平さんは南関東ブロック(千葉県、神奈川県)で見事トップで当選されました。この選挙にはOB会1回生で商議員の山本陽張さん(逗葉稲門会所属)も神奈川県内での応援活動の取りまとめをされました。
これとは別に、松平さんは今年4月に早稲田大学校友会の千葉県支部長に就任されており、千葉県内の24地域稲門会のまとめ役としての任にあたられています。
「両職に就任した事は身に余る光栄でありますとともに、身の引き締まる思いであります。老骨に鞭打ちながら自然体で臨みます」とコメントを松平さんからいただきました。今後はそのお立場から早稲田大学なべの会の宣伝にも大いに努められます。尚、評議員については早稲田大学のホームページに、千葉県支部長については早稲田学報に、それぞれ近日中に掲載されます。



■■■2回生 鈴木孝尚さん■■■ 2018年4月10日(火)


6回生の森山さんの結婚のお祝いを細やかながら船橋で開催しましたので報告します!
参加メンバーで記念写真(敬称略カッコ内は回生)
左から今回の幹事役、山崎(10)に主役のお二人、森山(6)、渡邊(森山君のパートナー)松平(1)、澤谷(1)、柴田()、鈴木(2)です。

2次会はカラオケスナックに移動し、ラストは早稲田の栄光とエールで

■■■14回生 天幸恵一郎さん■■■ 2018年3月1日(木)

6回生の森山先輩の結婚お祝いの会を開催しました。

■■■17回生 平岡史生さん■■■ 2018年2月17日(土)

17回生の平岡(旧姓井上)史生です。2011年10月以来、実に6年半ぶりの「関西なべの会」からの報告です。
先週の土曜日(2018.2.17)に関西在住OBを中心に神戸元町で「関西なべの会『河豚の宴』」を催しました。

*羽生結弦くんがオリンピック2連覇をし、藤井聡太五段が羽生善治永世七冠を破り、
その後朝日杯で優勝をして五段昇格後16日にして六段昇格を果たしたという歴史的な日の開催でした!

ちなみに報告は6年半ぶりですが、「関西なべ」としましては、年に2回くらいのペースで結構まめに
集まっているということを申し添えておきます。

今回は前回(17.10開催)と同じ神戸元町の「春夏秋冬ときどき」さんにて、『河豚』のフルコース
(“そんじょそこらの河豚のフルコースと一緒にしないで下さい”って感じのフルコースです)でした!
諸般の事情でコースの写真は掲載できません!

今回は最年長の吉栖さんが前日の体調不良にて参加することが出来ず、高須さん(13回)小林さん(13回)
岡野さん(岡田さん14回高校同級生・牧南荘住人)齋藤さん(16回)西山(渡辺)令子さん(16回岡山から遠征)
伊藤さん(17回博多から遠征)平岡(井上)(17回)の7名が参集しました。

河豚もさることながら、「写楽」2種(大吟醸・純米吟醸)「鍋島」3種(純米吟醸山田錦・特別純米・純米吟醸)
の飲み比べなど、盛りだくさん過ぎてお腹も胸も一杯の宴でした。
次回は半年後くらいに開催になると思います。遠方からの遠征、大歓迎ですので、
是非是非関西までお運び下さい!お待ちしております!!!

■■■13回生 笠井一朗さん■■■ 2018年1月9日(火)



13回生の笠井一朗です。
御無沙汰してます。
皆さま、お元気ですか?

私は移住した北海道壮瞥(そうべつ)町で3年ほど前から始めた便利業「壮瞥のよろず屋」が忙しくなり、知人にもかなりの時間をヘルプいただいて、仕事をこなしています。

また、高速道路の除雪も昨冬から出かけてます。
完全シフト制で穴をあけるわけにいかない体制に組み込まれ、消防士のように真夜中でもいきなり出動というのが当たり前、しかも一晩に何回も容赦なく出動、といった感じで健康管理に神経を使う仕事です。

壮瞥町のサイトに移住促進の記事があり、以前インタビューを受けたものが最近になってやっとサイトに載りました。ボツになってしまったのかと思ってましたが・・・・。

壮瞥(そうべつ)町の移住情報サイト


皆さまの御健勝を祈念申し上げます。

※笠井一朗ホームページ
奥様と(壮瞥町移住サイトより)
2017年の近況報告を見る


メニューページへ戻る